SMやアブーノーマルル趣味や性癖を持つ男女のマッチングへの近道。伝言ダイヤルについて。

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

SMやアブノーマルプレイパートナー探しは伝言ダイヤルが高マッチング!

ツーショットダイヤルのサービスを提供する各社は、サービスの一環として伝言ダイヤルを併設していることが多い。

 

音声にてメッセージをしておくことで、興味をもった異性からのコールを待つという仕組みだ。

 

近年は様々な性癖やフェチズムなどが市民権を得たので、それら趣向があたかも新しく現れたかのように言われるが、そもそも2次元を好む人間にしろ、SMを好む人間にしろ、もっと言えばスカトロに至るまで、はるか昔から、様々な時代や場所においても異常性癖を持つ人間は一定数は存在していた。

 

常識にさえ邪魔されないのであれば、洗練されたファッションで街を歩くOLであっても、高級なスーツを身に纏った上場企業のビジネスマンであっても、性癖があること自体、決しておかしいものではない。

 

十分に信頼関係が築けた男女の間では、常識を外れた性癖のカミングアウトが行われ、二人だけのセックスの形が出来上がることは良くある話だろう。

 

常識を超えるの事に十分な信頼関係の構築が必要であるのに対し、伝言ダイヤルは行うことは、その常識自体を取り払うことだ。

 

「SMプレイにに興味があります。初心者なので優しく教えて頂けるSの男性からのコール。お待ちしております。」

 

このような伝言は、探せばそれほど苦もなく見つかるわけで、Sに興味がある男性は自然とパートナーを見つけられる訳だ。

 

ニッチな出会いは伝言ダイヤル

 

更にその後、電話をすることで、事細かにお互いの要望を相談することも大事だ。

 

SMと一口に言ってもプレイの幅は広い。

 

ニッチな需要になればなるほど、正確にその希望を伝え相手に理解を求める必要がある。

 

伝言ダイヤルを聞いた相手と電話するというサービスの形は正におあつらえ向きで、問題が起きないようにマッチングする、その為に必要な最低限の縛りをサービス提供側が用意している事には、ただただ頭がさがる思いだ。

 

既に伝言ダイヤルのヘビーユーザー達はその辺りを理解しており、様々な性癖について十分に相談し、マッチングする相手を探そうとする文化が整いつつある。

 

アブノーマルなセックスの持つ魅力は計り知れないものだ。

 

特に女性はセックスに対する感受性が男の比では無いので、要望通りにプレイをすることが出来れば、痙攣し暫く動けなくなるほどの快感を与えることが出来る。

 

女性の方から「セフレでいいから抱いてほしい。」と懇願するようになるのは、心も体も相手の男性に捧げたからに他ならない。

 

伝言ダイヤルをこれから使おうと考えてる男性諸君は、相手の女性ををセックスで溺れさせてやる!くらいの気持ちで利用してもらいたい。

 


PAGE TOP