出会いに飢える女子会女達がツーショット番組に参戦して来ている!

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

「女子会」の実態とアラフォー女のテレクラツーショット参戦理由

「女子会」という言葉が世に出て既に久しいが、現在でも多くの女子達が、平日であろうとも休日であろうとも、盛んに街に出ては、酒を飲んだり食事を楽しんだりしている。

 

実際にちょっとしたイタリア料理屋などの小奇麗なお店にいけば、女子で埋め尽くされた席に驚嘆の声を上げたくなる程だ。

 

女子会が増えた背景として、男女雇用機会均等法が漸く世に馴染んできた事が言えるだろう。

 

管理職は置いておいても、サービス業であれば男子よりも女子の働き手の方が多い職種も増え、既に「家事手伝い」という属性は絶滅したに近い。

 

また近年は共働きが多く増え、若い女性だけでなく30代、40代で働く女性も増えた。

 

それらに加えて晩婚化と少子化、男子の草食化と独身女性の増加。

 

これらは全て働く女性の増加に寄与していると言っていいだろう。そうなれば女子も仕事終わりに一杯飲みたいとなっても可笑しくない。

 

女子会の流行るも当然の成り行きと言っていいだろう。

 

女子会での話題の中心は、「悪口」「うわさ話」「恋話」「下ネタ」だ。
そして男子にはとても信じれないが、「下ネタ」についてのエグさは強烈。

「膣(なか)じゃイケないんだよね~。」
「フェラって苦手。どうやってる??」
「この前は〇〇と外でやっちゃった。」
「全然ヤってなーい。蜘蛛の巣張ってるわ」

っとまぁ、卑猥な言葉が延々と飛び交う。

 

場合によってはパートナーである男性のペニス写真を見せ合ったりしているから驚きだ。

 

呆れるばかりである。

 

ひとつ注意をしておくが、もし貴方が同僚の女性に手を出しているのなら、貴方の性癖は確実に他の女子社員にバレていると思ってまず間違いは無いだろう。

 

彼女達の辞書にはプライベートという文字は無いのだ。酒も深まるとそういった話題を中心に大いに盛り上がる。

 

女子会とツーショットの関連性

 

女子会に参加する人間の属性はある程度決まっている。
やはり既婚者で子育て中の主婦は少ない。
主な層は、それ以外の独身者や、既婚者の子無しがメイン。
当然ながら恋人の居ない女子も多く含まれる。

 

彼女達は男が居ない為に時間を持て余し、寂しさ故に女子会に参加するものの、そのメンツによっては恋話や男とのSEX話を聞かされたりもする。その結果、会が終わり一人になった頃には、急激に寂しさに襲われる。正に逆効果と言っていい。

 

そんな時につい利用したくなるのがツーショットダイヤルのようだ。

 

実際に少し前にも大手のメディアに取り上げられていたが、そこでは「負け組の女にテレクラが人気」といった記事だったように思う。

 

事実そういった層に対する需要にツーショットダイヤルが見事に刺さっているのは間違いない。近年のツーショット利用者の増加は、こういった所に裏付けられているようだ。

 

以前は女性だけで飲んでいれば、男性が声をかける事も多かった。彼女達もそれを期待していたし、男も女性だけのグループに目を光らせていたものだ。

 

しかし今では街でのナンパ自体が死語になりつつ有る。やはり出会いの場は限られてきているのだろう。

 

寂しい女子の動向は我々ナンパ師には重要な問題なので、今後も常に調査をして行きたいと思っている。

 


PAGE TOP