20代後半から30代後半の開発済み女を積極的にナンパしてセフレ化したい

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

ナンパで狙うべき女は「開発済み」がキーワードである。

タイトル通り、ナンパのもっともし易い女性の年齢は20代後半から30代後半だ。

 

勿論それには、れっきとした理由がある。

 

まずは体の開発具合。
二十歳前後の女性はまだまだ体の開発が出来ていないことが多い。

 

「彼氏が求めるから・・・。」

 

といった理由でSEXをする女性も多く、SEXでイケない子も多い。特にクリトリスではいけるが、膣でイケる子は思いの外少ないので、SEXを気分で味わうというレベルになる。

 

それが20代も後半になると経験を積み、膣でオーガズムに達する子が増えてくる。

 

膣でのオーガズムはクリトリスでのオーガズムとは大きく違い、その快感度は計り知れない。

 

そこから女性のSEXに対する貪欲さは大きく変わってくる。
膣イキを経験した記憶がペニスを愛おしく思わさせ、女性器を大いに濡らす。そして彼女達の表情にも強いエロスを出す。

 

開発済みの女を狙う

 

このような。正に「メス」といった空気感の中でのSEXは、男性にとっても大きな満足感をもたらすだろう。

 

さらに本能の面において、女性の性欲は35歳がピークとなる。
従って、上記の体の開発に加えて、そもそもSEXに対するモチベーションが、人生においても最も高い時期だ。

 

セフレになり十分な信頼関係を結べば、一日中ずっとペニスをいじり続け、口にくわえているような子も実に多い。

 

男性諸君は自らの10代を思い出せば、見事にその姿と重なるだろう。

 

「熟れる」とは正にこの事を言う。

 

しかも現代では上記2点に加えて、さらに相乗効果を生む要素がある。
一つは晩婚化だ。

 

女性の初婚の平均年齢は昭和50年には平均25歳であったのに対し、現在では30歳という大台に乗った。

 

しかもこれが平均なのだから強烈だ。
そして独身だけでなく、特定のパートナーを持つ率も年々大幅に減少している。

 

女性が最も熟れている時期に、特定のパートナーが居なければ、性欲の捌け口が全くない状態に陥る。バイブやローターの売上が増加傾向にあるのも、これでは当然という所だろう。

 

それだけでは無い。

 

首尾よく結婚出来たとしても、社会問題にもなっている「セックスレス」の問題が有る。コチラも近年は大幅に増加しており、既に主な離婚の原因にもなりつつ有る。

 

飼い殺されて、性欲を持て余している人妻を思うと、もはや可哀想になってくる。これでは浮気しようとしても仕方がないことだろうし、そもそも旦那にとっても、「やってないから、多少は仕方がない。」と思ってる人も非常に多い。すでにセックスレスの問題はそのレベルまで到達しているのだ。

 

アナタはどう思うだろうか?
現代では性欲のピークを迎えた女性達に、これほどのSEXに対する障害がのしかかっている。

 

特にセックスレスの人妻に関して言えば、合コンや婚活も出来るわけではなく、男性との出会いは出会い系サイトやツーショットダイヤルに頼らざるを得ない状況が続いている。

 

彼女達と出会い、愛情を思って抱けば心も体も切ないほどに喜ぶ姿が見える。
世間的には不倫や一夜だけの付き合いは褒められたものでは無いのかもしれないが、人間も生物で有る以上は、性欲の解消も必ず必要な事であろう。

 

そういう意味でツーショットダイヤル等は、性欲を持て余した彼女達に残された、最後の選択肢になっているという事だろう。

 


PAGE TOP