無駄な時間は金の無駄!目的に応じた会話をパターン化してスピーディーナンパに切り替えよう!

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

スピーディーな即アポ出会いは会話のパターン化を意識しましょう。

これはテレクラ、ツーショットダイヤルの初心者が陥りやすい事だが、なんとなく「女とヤりたい」くらいで電話してしまう方が実に多い。

 

当サイトでは無料通話ポイントを多く用意しているが、無駄にお喋りばかりしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。

 

当初の希望が叶えられず時間が過ぎて行くことは出来る限り避けたいので、初心者といえど、ある程度はトークのパターンを確立していきたい。

 

まずは自己紹介だろう。
名前と簡単なプロフィールを伝えていこう。

「〇〇って言います。よろしくね♪年は○○。仕事は○○してます~。」

会話はある程度ハッキリとした口調が良いだろう。

 

コストが掛かるものの会話のスピードは少しゆっくり目の方が好感が持てるので、結果的には低コストになるかもしれない。また、相手がどんな人間かが分からなければ分からないほどに、警戒心が湧くのが人間の本能だ。

 

何処に住んでいて、どんな仕事をしていて、何歳なのか。たったこれだけの情報を与えることでも、「ふーん、こんな感じの人かなぁ。」

 

と想像する事ができ、女性の警戒心を50%はカットしてくれるので、自分のプロフィールは出来る限り詳細に伝えていくのが良いだろう。

 

その会話の流れに合わせて相手のプロフィールもしっかりと聞き、ついでにいくつかの質問も出来ると良い。そして質問は自分の目的に合わせて変えていく。

 

例えば貴方が女性に会いたいとするなら、相手に時間が有るかを確認するのが大事だ。

女性が仕事をしているなら「それじゃ今日は暇なの??」とか、主婦をしているなら、「それなら今日は旦那さんが帰ってくる夜までは暇なのかな?」などと、自然な会話の中で目的の情報を聞き出すパターンを作ると良いだろう。

また相手の目的も早めに聞き出すのも良い。

 

割り切りなのか、ただ暇と好奇心で連絡してきた素人女性なのか、テレフォンセックス目的なのか、しゃべりたいだけなのか。

 

割り切りに関しては早めに女性側から、「割り切り希望なんですけど・・・。」と言ってくる場合が多いが、素人女性については勝手が分からずに緊張している場合もある。

 

「素人キター!」とはやる気持ちを抑えつつ、落ち着いて会話のリードをしてあげると良いだろう。

 

ツーショットは回数をこなしてこそという側面があるので、パターン化は勝率にも影響するし、コスト管理にも重要だ。

 

自分なりの形を早く作り、ツーショットナンパを楽しんで貰いたい。

 


PAGE TOP