セフレが欲しい!どうすればゲットできる?玄人のナンパ師に学ぶセフレゲット術

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

セフレを作る方法を玄人ナンパ師から学ぶ!

セフレ・・・

欲しくないですか?

 

効率的なセフレの作り方

 

そりゃ欲しいですよね!

 

男なら誰しも都合よくエッチ出来る相手が欲しいのは当たり前の事だと思います。

 

しかし、運よくセフレゲットをすることはあるかもしれませんが、狙って手にするのってやっぱりムズイ。

「街を歩いてりゃ腐るほど女がいるんだから、一人くらいなんとかならんもんかなぁ・・・。」

そんな事を考えながら悶々とした日々を送っている人は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はセフレゲットの条件と、ナンパ師達がいかにしてセフレを調達するかをお伝えしていきます。

 

一回きりの人生ですから、大事なのはチャレンジですよ!

女だらけの職場に入り込むのが最も有利!

玄人達が口を揃えて言うのが

 

「そりゃ、女だらけの職場が一番いいよ。数に勝るメリットは無いからね。あとはあまり選り好みしないこと(笑)」

という事です。

 

やはり「数打てば当たる」ってのが真理で、大勢の女性となんらかの接点を持てば、おのずと可能性は上がるという事でしょう。

 

しかし女性が多い職場を狙って入るのは至難の技!

 

一体どうすればいいのか・・・?

OLの交友関係は意外と狭い!?

「街にでりゃ大勢の女がいるけど、大抵の女は寂しい日々を送ってるものだよ。特にOLの交友関係なんてたかが知れないからね。」

玄人の彼らが言うには、人間の行動範囲というものは以外と狭いと言います。

 

例えば一人のOLの例を取ってみましょう。

 

中規模の企業の本社に勤めるA子は、本社に120名が勤めている。そのうち1/3にあたる40名弱が女性社員であり、残りの80名が男性だ。

 

特に部署間の交流イベントなどはないので、酒の席など仕事以外で時間を共有したことがある男性は、自分の部署にいる9名の男性と、他の部署の5名。合わせて14名だ。

 

そのうちの3名の社員が50後半で、男性として意識することは難しい。またその他に3名は仕事上の様々な問題の中で嫌っている。

 

その結果、8名の男性社員が男性として最低限意識できる状態にある。

 

一方プライベートでは、すでに就職してから数年が経ってしまった結果、女友達5名と、男友達2名だけ。男友達については付き合いも長く男性として意識することは難しい。

 

一人の女友達は毎週末のように会うが、他の友達については数か月に一度のペースで会っている。

 

さてさて、このA子のケースですが、非常に一般的なケースだと言ってよいでしょう。

 

この生活において異性として意識できる男性は、たったの8名。

 

毎日都会で、満員電車に揺られて生活をしている彼女ですが、いくら都会であったとしても、たかだか8名程度しか居ないのです。

 

さらにここから男女の関係になる可能性がある異性は、2、3名もいればいい方で、結局は、たかだか数名の男性から相手を選ばざるを得ない状態なんですね。

飢えている女は多いことを理解する!

従って、都会を早足で歩く彼女たちは忙しそうに見えて、実は時間を持て余していることが多いんですね。

 

しかし、かといって出会いが空から降ってくるわけでもない。

「後はタイミング。人間は誰でもその気になる瞬間があるのよ。そういう時に出会い系アプリやツーショットダイヤルを使ってくる。」

これは男女ともに同じことが言えますが、寂しかったり、異性と知り合いになりたかったり、そんな事を思うことが頻繁にあっても、現実に相手を探そうとはなかなかしないものです。

 

しかし、「今日はたまたまそういう気分になった」という瞬間が必ず来ます。

 

「ツーショットなんかまさにそうだよね。常連もいるけど、今日が初めてで『つい使ってみた』って子も多い。その瞬間に立ち会うのが大事。」

 

出会いはタイミングが重要!

「なんか防御力ゼロって瞬間があるんですよ。男性にもありません?つい調子乗っちゃう日。」

いつもはガードが固くとも、無性に誰かと出会いたい。

 

遊びたい。ムラムラしちゃった。

 

そんなタイミングを逃さないようにするのがポイントだと言う。

 

「一度コンタクトさえ取れれば、そのまま流される子って意外と多いですからね。」

 

そこで出会いのポイントについて聞いてみた。

 

「出会いで最も重要なのは、相手の気分が乗っている時に『しばらく関わる時間を持てる』ツールという事です。」

 

現在は出会い系サイトや出会い系アプリ、各種チャットサイト、SNS系サービス、ツーショットダイヤルなど様々なツールがありますがとにかく

男女が1対1、多くとも2対2程度で時間を共有

するのが最も成功率が高くなるというのです。

 

ツーショットダイヤルの成功率が高い理由は、1対1で相手を独占して会話できる所です。しかも防御力ゼロの時に利用するケースが多いですからね。まさに鴨がネギを背負っている状態です。

 

他には、最近流行っている相席屋みたいのも良いと思います。とにかく強制的にでも男女が同じ時間を共有する。そういうものを作ってくれるツールがベストです。

 

今でも合コンはそれなりの件数を誇っていますが、その理由は成功率がぼちぼち高いからだという。

 

合コンも一定時間男女が関われる会ですから、成功率は高いと言えるでしょう。しかし本来は合コンも4対4とかはあまり良いとは言えません。

 

紹介者の事を考えると2対2が難しいですが、本来は1対1、2対2くらいがベストなんです。

しっかりとツールを選んで何度も攻めることでセフレを調達することが出来る!

いかがでしたでしょうか?

 

現在は様々な出会いのツールがありますが、そのツールの選び方で成功率が一気に変わってくるようです。

 

今回のポイントをまとめてみると

  • 多くの人はそれほど交友関係が広くない。忙しそうでも寂しい思いをしている人は多い。
  •  

  • 出会いはタイミングが重要。寂しい人に訪れる「今日は誰か異性と会いたい」というタイミングを逃すな!
  •  

  • 出会いのツールの選び方は、多対多を避ける。暫くの間、男女が関われる時間を演出するツールを探す。

この3つのポイントを押さえておけば、セフレゲットの成功率は飛躍的に上がります。

 

誰しも失敗が続けば、やる気を失ってしまうものですから、出来るだけ成功率の高いツールと方法を選択するのが大事な点だと言えそうです。

 

一度成功すれば、根気よく続けていけますからね!

 


PAGE TOP