割り切りや援助交際は出会いと名が付くサービスに必ず潜んでいると思え!

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

今や女からの割り切りや援助交際の打診は当たり前と思え!

今や援助交際や割り切りなどの言葉は「出会い」と名が付くコミュニティーサービスにおいては、当たり前にやり取りされる出会いの形式になっているだろう。

 

出会い系サイトを使って女にメールを送れば、高確率で「割り切りだったらOK」ですと書かれた返信メールが返ってくるのは日常茶飯事である。

 

出会い系での割り切りや援助交際

 

これはテレクラやツーショットダイヤルなどの電話系の異性紹介サービスにおいても、その流れは同様だと言える。

 

相手と会話が弾んだと思ったら、「じゃあホ別2で会える?」などと一方的に割り切り関係をゴリ押しして来る女も非常に多い。

 

私は断言する。

 

割り切りや援助交際は男と女を結び付ける出会いサービス全てに潜んでいる。一見、どんなに真面目で堅実そうな出会いコミュニティーでも確実に割り切りや援助交際を狙う女は存在するのだ。

 

だからこそ、我々はその辺りの打診を、今時の女の子達にとっては当たり前だと思って接する事が重要だと思う。

 

その辺りを理解していない男は、出会いサービスを使い仲良くなった女の目的が割り切りや援助交際だと分かった瞬間に冷たくなり、罵倒したり暴言を浴びせてその関係を拒否する男がいる。

 

確かに気持ちは分かるのだが、敢えてそこは大人になって彼女達に接して欲しいのた。

 

何故なら割り切りや援助交際を目的としている女の中にも、こちらのやり方次第ではタダマンに持ち込めるからだ。

 

所詮、出会いサービスなんてのは赤の他人の男女がノリで利用するコミュニティーである。

 

男の粘り次第で女の目的が変わるなんてのは日常茶飯事なのである。

 

私は出会い系サイトやツーショットダイヤル、出会いカフェやテレクラなど電話系、店舗系、出会い系に関わらず全てのコンテンツにおいて割り切りや援助交際希望の女に対してタタマンでの出会いを打診して成功させて事がある。

 

もちろん、完全に断られる事もあるが、トーク次第では覆る事も確実にあった。

 

ナンパなんてのは所詮はお互いのフィーリングなのである。始めから金目的のセックスを希望してたとしても、会話次第でその目的が変わって来る女もゼロでは無い。人間は感情で動く生き物だ。

 

だからこそ、我々男はタダマンを目指してあらゆる出会いコミュニティーを利用し続けるべきである。

 


PAGE TOP