未成年の女子のテレクラ意識調査によるとヒマや好奇心がきっかけである事が分かった

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

「面白そうだった」「ヒマだったから」でテレクラを利用する未成年少女

テレクラの利用について、その動機を尋ねた所、多くが

 

「面白そうだった」「ヒマだったから」

 

と回答し、非常にライトな感覚で利用をしていることにも合わせて注目したい。

 

すでに草食系男子と若い男性が言われるようになってから随分と時間が経つが、現在でも変わらないどころか、その傾向がますます進んでいるのだろうと推測できる。

 

その理由は一昔前を考えてもらえば明らかだ。

 

出会い系サービスの高校生の利用は、一部の援助交際目当ての高校生を除けば、非常に限られた数字だった。

 

そもそも共学であれば女子を男子を放っておかないし、女子校であっても合コンやナンパは日常茶飯事であった。

 

そのような中、ツーショットダイヤルのサービスを知る60%に利用の実績があるというのは、非常に高い数字と言わざるをえない。「ヒマだったから」という理由も合わせて考えると、男子の草食傾向が、彼女達を放っておいている事実を浮き彫りにしている。

 

またその他の動機として、
「遊びたかった。」「エッチな話がしたかった。」
等の具体的な動機も見られ、興味を超えて、現実のサービスとして利用する意思を強く感じる。

 

さらに、「話し相手が欲しかった。」「さみしかった。」「彼氏が欲しかった」等の動機に関しては、聞いていて逆にこちらが心配をしたくなるような状況だ。

 

未成年少女のテレクラ利用のきっかけ

 

しかし我々ナンパ師も人の心配をしている場合ではなく、むしろ我が身を心配せねばならない。

 

未成年に対する性行為は実質合法である単純売春と違い、完全に法律、条例違反だ。
高校生であっても相手が18歳であれば良いが、17歳以下になると我々の身も危ない。

 

しかし現実の問題として、高校生でも十分に大人の女に見えることもあり、外見からの判断は簡単であるとは言い難い。

 

ツーショットダイヤルを日常的に使っていれば、「まさか未成年?」というシーンは多く訪れる。

 

その際には自分の身を守るためにも幾つか気をつけなければならない事がある。

 

一つ目は、必ず年齢確認をすることだ。

 

「18歳以上だよね?」

 

この一言を聞くだけで、何かがあった時に非常に助けになる。
何故なら、それによって相手が年齢詐称した場合は罪に問われないからだ。

 

実際にその証明は難しいかもしれないが、事実として年齢詐称の有無は、その後の展開を大きく左右する。その辺りは専門的な要素も含まれるのでご自身でも調べてみてもらいたい。

 

二つ目は、個人情報の交換をしないことだ。

 

相手が18歳以上だと答えたとしても、万が一ということもある。

 

そのような場合は、念の為に個人情報の交換はやめておこう。見た目にも明らかに成人しているのであれば、どんどん個人情報を交換しセフレ等を目指すのは良い。

 

その場合でも可能な範囲で捨てアドを利用したほうが良いかもしれない。が、相手がメンヘラで一度抱いてしまったことでしつこく連絡が来る以外では、特に問題が起きることは無いので、それほどナーバスになる必要もないだろう。

 

以上、未成年についてのアレコレを書き綴ってきた。

 

相手が相手だけに問題がありしも、これほどまでにツーショットダイヤルが盛り上がってきている事実自体は、そこを生業とするナンパ師として非常に嬉しく思っている。

 

若い男性に草食が進む中、ナンパ師の時代が到来しているのは間違いのない事実だろう。

 


PAGE TOP