突然、奇声を上げて強烈な喘ぎ声を出すスイートコールのテレHオバサンが怖かった・・・

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

スイートコールで久々に強烈なオバサンとテレHしてしまった・・・

今日は私のツーショットダイヤル体験談をお伝えしようと思う。非常にタイムリーな話で実は昨日(5月13日)で体験した出来事です(笑)

 

選んだ番組はスイートコールです。この日は会社で遅くまで残業させられて、非常にムラムラしていたから帰ったらスイートのイメクラコーナーで抜こうと決意していたのだ。

 

だって、内の会社ってのは異様にエロい女子社員が多くて、目の前に座ってる課長秘書のIちゃんのパンチラが丸見え状態なものだから、仕事も忘れてパンチラを凝視しまくっていたのが残業の原因(汗)まあ、仕事も多かったんだけどね・・・

 

しかし、このIちゃんは明らかなTバックでパンツがめちゃくちゃ食い込んでるからエロ過ぎる。顔は少しムチムチさせた優香だからね。エロ過ぎるっしょ?

 

OLのパンチラ

ガチでこんな感じで丸見え状態・・・

 

スイートコールの番組案内はコチラ。

 

まあ、仕事は11時くらいまで掛かってしまった・・・

 

即効で電車に乗ってセブンでストロングゼロ5本と、牛タンスモークを買い込みいざ帰宅!

 

スイートコールに繋いだのは12時くらいだろうか?ストロングゼロは既に1本半を消化!やはりストロングは効くぜ!かなり酔った所でスイートコールのイメクラコーナーに電話したんだ。

 

一人目は若い女に繋がった。
恐らく20代前半だろう。会話していてニコ生がどうたらこうたら言っていたのでもしかすると10代かもしれないな。この女はめちゃくちゃ自分語りが多くて早くテレフォンセックスしていのに、雑談が止まらないから5分くらい待った所で放流した!

 

マジで金返せって感じ・・・

 

で、二人目。
この女性が今回の主役なんだけど、声は明らかにオバチャンって感じ(笑)まあ、酔ってると逆にオバチャンでも良いか!ってなるんだよね。でも口調とかはしっかりしていて丁寧な感じで非常に好感が持てた。

 

オバチャンで抜くか!そう決めた私は既に右手で息子を握っている(笑)

 

このオバチャンなんだけど、年齢を聞いたら28歳って言ってたんだけど絶対にウソ(爆)まあ、一応「そうなんだ~(棒)」と言って深くはツッコまなかったけどね。

 

スイートコールで出会ったオバサンが恐怖

 

でね?会話はいきなり下ネタで攻めた。

「いま、どんな格好してるの?」

 

「お風呂上りでバスタオル一枚だよ。今日は暑いね~」

 

「今日はかなり暑かったね!女性はこうも暑いとエッチしたくなっちゃうでしょ?今日はテレセ目的?」

 

「まあね~(笑)、実は最近エッチもオナニーも全然してないから結構性欲溜まってるんですよね・・・」

 

「そうなんだ!じゃあ今日は私と電話でしちゃう?いっぱい濡らしてあげるよ?」

 

「いいですよ~私も今少し濡れちゃってるし(笑)」

こんなやり取りでマッタリと雑談を挟みながらすんなりテレHが出来そうな流れになった。

 

しかし・・・

 

「もう濡れてるんだろ?じゃあいきなりクリトリスを思い切り擦ってみな。強く擦るんだぞ!気持ちよかったら思い切り喘いで良いからなっ!」

少し強めの言葉責め風で攻めたんだ。

 

私が、こう切り出した途端、オバチャンは突然発狂し始めた(笑)

「おぎゃあああああああ!クリちゃん!私のクリちゃんデカクリちゃん!!いいいあしゃしおほいほいいおいい!」

 

「イグ!イグ!イグ!クリイグううううう!」

 

「お前のチンボぐいだいいいいい!!」

 

「ジュボッ!ジュブッ!ブッシュ!」(オバチャンの擬音が・・・)

 

「フェラちんぎぼじいいい?オクチにだしでええええええ!イグ!イグ!イグ!!」

私は擦り始めていた息子からそっと手を離した・・・

 

何なんだこのキチ●イは・・・

 

私の素直な感想だ。一体、彼女の身に何が起きたというのだろう?上記の文字だと伝わりずらい部分もあるだろうが、この声は絶叫や悲鳴に近いレベルだった。明らかに薬でも・・・そう言うレベルの泣き声に近い。

 

何と言うか・・・テレフォンセックスも行き着く所まで行くとこのレベルに達するのか?いや、いくらなんでもヤバ過ぎる・・・私はたった一言、少し言葉責めしただけなのに・・・スイッチが入りやすい体質なのか?

 

もはや、私はスマホから耳を離して唖然としていたのだが、相変わらず

「オジンボおおおおお!おっぎいのちょおだあああああいあいいいい!」

 

「イグ!イグ!イッグっ!」

と聞こえてくる・・・

 

なんだか寒気や恐怖すら感じて来たので、私はそっとスマホの通話オフボタンを押してストロングゼロと牛タンスモークで一人酒を飲み始めた。

 

久々にツーショットで大物を釣ってしまった感じがした。二度とあの声は聞きたくないが、彼女の素性はどんな人物なのだろうか少し気になる部分ではある。

 

まあ、ツーショットダイヤルを頻繁に使っていると、たまにはこんな女に繋がる事もあると言う事を今回はお伝えしたかった。

 


PAGE TOP