言葉責めプレイのアレコレ 女を会話のみで調教する方法について

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

言葉責め調教プレイに焦りは禁物です!

女性を言葉責めにし、性的に意のままに操りたくなる男性は多い。

「乳首が立ってるじゃねーか」

 

「アソコはどうなってんだ?」

 

「我慢できねーのか?」

 

「入れて下さいって言え」

こういった言葉に悩ましげに反応する女性は、男の征服感を大いに刺激する。

「恥ずかしいです・・。」

 

「咥えてもいい?」

 

「もう、お願い。入れてください。」

コチラの言葉に反応し、アソコを大きく濡らし、快楽に落ちていく女。その姿を見てからの挿入は格別なもので、男の満足感は計り知れない。

 

しかし、そうそう都合良くそんな女性が見つかる訳でも無いのが悩み所だが、そういった女を調達し、興奮度の高い上質なセックスをしたいと願うのは、男なら誰でも一度は思うことだろう。

 

言葉責めで女の子を調教する

 

その実現の為には、まず2パターンの方法が有ることをお伝えしたい。

 

一つ目のパターンは調教だ。
普通の女性でも言葉責めに大きく反応する体に仕上げることは可能だ。しかしそれにはある程度の期間を必要とする。

 

まずは出会ってセフレ化する所からがスタート。
出来れば相手は20代後半以上が良いだろう。何故なら性欲が高まり、体もそれなりに開発されている可能性が高く調教がしやすいからだ。

 

特に熟女やセックスレスの人妻は、若い時と比べて男性から性的に見られにくくなっているので、適正が非常に高いことを覚えておいて頂きたい。

 

調教スタートはとりあえず普通のセックスを続ける。
必ず数回はまともなセックスをしていこう。これは基本的な信頼関係の構築で、それが無い事にはセックスを100%楽しむことが出来ない。特に女性はその傾向が強いので、ここはじっと我慢の時だ。

「〇〇は凄く可愛い。興奮するよ。。。」

 

「綺麗な胸だ。〇〇みたいな胸が好きなんだ。」

 

「〇〇のアソコ見せて・・・エッチなアソコしてるね。見ててたまんないよ。」

セックス中はこういった言葉を織り交ぜていこう。
ベースは褒める事。そして、それにより自分が性的に凄く興奮している事を告げていく。特にコンプレックスに思ってるかもしれない所を褒めるのは効果が高い。
もし足が少し太ければ、

「○○の足が好きなんだ・・・。凄く好みなんだ。」

などと伝えるのも良いだろう。

 

こうして相手の女性が自分にとって凄く魅力的であることを何度も刷り込む。これが仕込みの段階だ。

 

この仕込みが十分では無いと、女性も言葉責めで十分な快楽を得ることが出来ない。女が十分に快楽を得れないと、コチラも満足行くことは出来ないので、まずはしっかりと仕込んでいこう。

 

その後は少しずつ指令をしていくといい。

「自分で乳首触ってみて・・・。」

とお願いしつつ、反対の乳首を舐める。

 

相手の手を取り、アソコに持って行って自分で弄るように誘導しつつ、キスをしてあげる。

 

同時に「かわいいよ。」「興奮するよ。」などの声がけもしていくのが大事だ。

 

こうして焦らずに少しずつ進んでいく。全体として言えるのは、

「やらしい事をしている○○を見て興奮していよ。」

という空気感を出してあげることだ。

 

それにより、「自分の姿を見て彼がとても興奮している。」という喜びを与えてあげるのがポイントとなる。

新しい記事今回の記事の続き焦りは禁物!言葉責めアレコレ② ~真性女性探し~を更新しました!

 


PAGE TOP