ガラケー携帯電話からスマートフォンの流れはメールからLINEの出会いへと変革した

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

LINEとスマートフォンの普及は出会いの需要と供給に革命を起こした

近年、爆発的な普及が進んでるのがスマートフォンであり、その市場は年々拡大しています。
既に現代人に必須の主要な通信インフラとして欠かすことが出来ないモノになった事は間違いないですよね。

 

ガラケーからスマホ時代の出会い

 

それと時を同じくしてアプリケーションの重要性は高まるばかりです。
それもそのはず。アプリケーションあってのスマホですから、アプリの開発スピードは目を見張るものがあります。

 

そこに登場したのが「LINE」。

 

今やアクティブユーザー数は全世界で2億に迫り、1000万ユーザー超えの国が13カ国も及んでいます。

 

実際の機能面だけ見ればチャットと大差無いわけですが、メッセージサービスとして必要な機能が揃っていますね。LINEユーザーが増えるに従ってメールの利用率は大きく落ち込み、ショッピングやオフィシャルのやり取りとして使う形に落ち着いています。

 

この現象に追随する形で出会いのツールのステージは、メールからLINEに移動しました。

 

今やLINE掲示板は秒単位で書き込みがされる大きな出会いのツールとして成長しています。
しかし、ここにきて出会いのツールとしてツーショットダイヤルの利用率は大きく成長を始めています。

 

これは一体どういう事でしょうか?

 

メールからLINEにユーザーがシフトした理由は、その使い勝手の良さでしょう。

 

都合の良い時に返事をすれば良いこと、情報のやり取りのスピードの早さ。この2点を実現する力がLINEにあったわけです。しかし出会いに関して言えば、LINEもそれほど便利と言えないわけです。

 

何故ならLINE掲示板は、女性が書き込みをすると瞬時に多くの男性からアクセスがあります。女性はその多くの男性とラインのやり取りのをし、やっとの思いで一人を選び出会うわけですから、その面倒は計り知れません。

 

人間誰しも選択肢が与えられれば無駄に迷うものですし、これでは出会いたいと思った気持ちも萎えてきてしまうのです。友達とのメッセージサービスとしては便利であるLINEですが、出会いのツールとしては優れている訳では無かったのです。

 

一方でツーショットダイヤルはどうでしょうか。

 

ツーショットダイヤルの利点は、まずは異性同士が誰にも邪魔される事無くコンタクトを取れる点にあります。電話が繋がればアレコレ悩む時間はありません。

 

誰にがいいかな?と悩む前に、まずは電話の相手と話す必要が有るわけです。この相手を独占する時間こそが出会いの成功率が高まるコツなのです。

 

もちろんトークスキルは重要な要素ではあるものの、独占できる時点でのアドバンテージは全てに勝ります。

 

また情報伝達のスピードも圧倒的です。

 

電話>>>>>>>>>>LINE>>メール

 

この不等号が成立することは誰の目にも明らかな事で、多くの情報を得て具体的に相手を意識し認識することで、出会いの形が急速に作られて行くのです。

 

法の厳格化により、一度は潰されかけた店舗型テレクラですが、合理化を好む現代人により電話というツールが見直され、出会いの場がツーショットダイヤルにシフトしつつあることは、ある種、当然の事だと言えるのかもしれませんね。

 


PAGE TOP