テレフォンセックスブームはLINEの登場と人気化が作り上げた

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

日本人5200万人がテレフォンセックスする可能性を秘めている

日本国内だけで5200万ダウンロード達成。これはパズドラでもモンストなどのソーシャルゲームの話ではない。LINEと言うメッセージングアプリ単体のユーザー数である。日本のそう人口数は約一億二千万人である。つまり、日本人の二人に一人はLINEアプリをスマホにインストールしている状況なのだ。

 

LINEとテレフォンセックスの関係性

 

これは恐ろしい数である。この驚異的なダウンロードすうはスマホでの日常的な人々の連絡手段を変えた。ガラケー携帯電話が一般的だった時代の連絡手段と言えばメールである。しかし、今メールを友達や知り合いと主な連絡手段として利用している人はいるだろうか?少なくとも私の周りでは皆無だ。

 

スマホとLINEが圧倒的シェアを握った今は全てLINEなどのメッセージングアプリを利用している人の方が圧倒的となったのだ。

 

これは革命的な事なのだ。通信インフラをLINEアプリと言う存在が独占的に握ってしまったのだから。これからLINEは様々なサービスを展開して行くだろう。ここまで成熟したインフラはそう簡単に崩れる事はないので、少なくとも十年はLINEの天下とも言える状況は続くだろう。

 

このLINEを利用する人々の増加は、当サイトのメインテーマとなっているツーショットダイヤルやテレクラにも大きな影響を与えたと言える。それはテレフォンセックスユーザーの爆発的な増加と言う形になって現れているからだ。

 

LINEの凄い所はIP電話を無料通話アプリとして組み込んだ事だ。それまでの時代は携帯電話で長電話すると言う事はイコール高額な通話料金を支払う事に繋がった。気軽に長電話出来る事が難しいインフラ状況だったのだ。

 

しかし、今は違う。Wifi環境さえあれば何時間でも無料でLINE電話する事が可能だからだ。この影響でLINE電話エッチを楽しむ若い男女が桁違いに増加したのだ。そしてLINE電話エッチと言う言葉はイコールテレフォンセックスである。

 

このテレフォンセックスのユーザー数の増加で、今ツーショットダイヤル番組はある種のバブル期を迎えている。LINEは基本的には知り合いと繋がるツールなので多くの人は彼氏彼女や特別なエロ関係にあるパートナーとテレフォンセックスを楽しんでいるのが現状。

 

しかし、テレフォンセックスをしていると分かると思うが、慣れてくると新しい異性との出会いを楽しみたくなってくるのだ。そこで電話を使って気軽に異性とのコミュニケーションが楽しめるツーショットダイヤルやテレクラが再度人気化しているのだ。

 

個人的には大歓迎したいブームだ。何せ大手ツーショトダイヤルであるマックスハニーラインなどには明らかにLINE世代だなと分かる若い女の子の登録が目立っている。そんな子に「何でツーショットを使い始めたの?」と聞くと案の定「LINEエッチにハマってツーショットに辿り着いた」と口を揃えて言う。

 

この状況を上手く利用すれば出会いもテレフォンセックス友達も入れ食いの状況が楽しめる時期が来ていると言えるだろう。

 


PAGE TOP