EDは辛いよ!三十路過ぎての勃起力持続には地道な努力が必要!

ツーショットダイヤル・テレクラ無料出会い電話案内所 - クリスタル

MENU

35歳過ぎた辺りからEDや勃起維持に気を使うべし!

三十路までは大抵の男が精力的な不安を感じることはそれほど無いだろうが、35歳を過ぎた頃から、性欲減退が次第に顕著になってくる。

 

人によっては精子の量が復活する3日間はオナニーをせずに、精子を貯めてからSEXに望んだりするものの、一日に複数回のSEXはさすがにしんどくなるものだ。

 

一方で女性の性欲がマックスになるのは35歳。

 

例えば35歳同士の男女であれば、女性のほうが複数回SEXがしたくとも、男のほうが体がついてこないという自体になるわけだ。

 

勃起には精神的な作用も大きい。
中折れやペニスの硬さに問題が起きると、パートナーの女性が心配をする事もある。

 

「私が魅力的じゃないからかな?もう飽きたのかな?」

 

その結果、女性の方も気になって濡れが悪くなってくる。
それを見た男性が、「あんまり濡れてないな・・・。」っと気がついてしまう事もあるだろう。唯でさえ勃起に心配があるのだから、それでは更に立ちが悪くなってくると言うものだ。こういった悪循環を避けるためにも、持続した勃起力は中年男性の課題だと言えるだろう。

 

ネットでは勃起力持続の為のサプリが所狭しに紹介されているものの、その効果は怪しいと言わざるを得ない。

 

詳細なデータも無く、こじつけや拡大解釈で効果があるとし販売する業者は後を絶たないのが現状。理由としては、ダイエットや健康関連の商品は本能的に関心が強くなりやすい。

 

言わば弱みを握られているような状態と言えるのだ。
従って、○○に効く!っと大きく記載されていれば、多少値が張っても購買意欲は湧きやすい。寧ろある程度金額が張ったほうが、商品価値と釣り合うとの心理的作用が働き、安心して購入できる程だ。

 

これでは業者の思う壺。

 

そんなものを選ぶよりも、まずは自らの健康をチェックしたほうが良い。

 

そもそもEDの原因の約87%は血管の老化が関係していると考えられおり、実際にEDの患者は動脈硬化を基礎に持つ高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病といった生活習慣病やメタボリックシンドロームと合併していることが多い。

 

その辺りから考えても、タバコや肥満が原因となることが容易に想像できる。

 

ED対策や勃起維持

 

また適度な運動は重要だろう。
血流や新陳代謝を高めることで、海綿体への血流量が増えることは間違いない。自宅で下半身を中心とした筋トレに励んだり、マラソンやプール、テニスなどの比較的より組みやすい運動で、ストレス解消と共に体を鍛えてみるのも良い。

 

特に大きな問題が無い方も、今一度、自身の体調面のチェックを行ってみたらどうだろうか。、

 

心身を健康にし、活力を産んでこそナンパに勤しむことが出来る。60代の現役を目指し、今から健康問題に取り組むことで、不死鳥とも呼ばれるフェニックスペニスを手に入れることが出来るだろう(笑)

 


PAGE TOP